筋トレは食後2〜3時間経った頃がベスト!?  筋トレ後に摂るべき栄養、食事の時間と筋トレの話【プロテインは有能】
  • Hatena
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

筋トレは食後2〜3時間経った頃がベスト!? 筋トレ後に摂るべき栄養、食事の時間と筋トレの話【プロテインは有能】

2021年03月04日

筋トレ民の皆さんは、食事の前と後どちらに筋トレしていますか?

食前より食後の筋トレの方がおすすめなのは、割とよく知られたところかとは思います。

でも、生活のリズムによっては食前にしかできない場合もあるでしょう。

今回は、ベストの時間にトレーニングができない場合の対処法も含めて、食事と筋トレのタイミングについてまとめます。

 

筋トレは食後2~3時間頃がベスト! 食事の直後はNG、最低30分~1時間空ける

 

筋トレをするタイミングは、食事の後2~3時間経ったころが最適です。

食事の直後は避けて、最低30分から1時間は置いてからにしましょう。空腹でも満腹でもない状態がベストです。

 

食後2~3時間経った頃の筋トレがベストの理由

 

まず食事の前に筋トレをする場合ですが、筋肉が分解されやすいというデメリットがあります。

筋トレにはエネルギーが必要です。食事の前の空腹の状態は身体を動かすエネルギーが不足しています。

その状態で筋トレをすると、筋肉が分解されてエネルギーとして使われてしまうのです。

食事の前は交感神経が活発になるメリットがありますが、デメリットの方が大きいと言えます。

 

話題のHMBカルシウムを贅沢に配合したプロテイン【HMBプロテイン18000】

 

 

では食事の直後はどうでしょうか。食事の直後は消化のため胃に血液が集中します。

その状態で筋トレをすると血液が全身に分散してしまい、消化不良になったり気持ち悪くなったりしやすくなります。

また副交感神経が優位になるので、トレーニングには向きません。

逆にあまり時間を空けると、食前の状態に近づいてしまいます。

 

 

食後2~3時間は消化がひと段落つき、体にエネルギーも補給された状態です。効果を考えると、このタイミングがベストです。

さらに30分前に糖分を含んだ飲み物や、BCAA・EAAを飲むとベストオブベストだと言えます。

 

食事の後2~3時間空けられない場合は、最低30分から1時間は空けましょう。

ベストのタイミングが無理でも、ベターなタイミングを選びましょう。

 

EAAについてはこちらの記事が詳しいです。参考にしてみてください。

 

WPIを50%配合した、より純度の高いプロテイン「ULTORA」

 

食前にしかトレーニングができない場合の対処法

 

そうは言っても一人ひとり生活のリズムは違うので、場合によっては食前にしかできないこともあるでしょう。

夕方の仕事帰りにジムに寄る人もいますよね。

 

食前にしかできない場合は、1時間ぐらい前に軽く何か食べて、筋トレ用のエネルギーをプラスしましょう。筋トレのような無酸素運動でエネルギーになるのはグリコーゲンという物質ですが、これは糖質の1種です。筋トレ前には糖質を補うことが大切です。

 

AYA先生監修の女性向け筋肉サプリ【BBB(トリプルビー)】

 

胃もたれせず、エネルギーになる糖分を含んだ食品を選びます。炭水化物や果物を食べましょう。コンビニで手に入るもので十分です。おにぎりやパン、サンドイッチ、バナナなどが適しています。人によっては果物だと物足りないことがあるかもしれません。そのときは炭水化物を選びましょう。

食べる時間も取れない場合は、オレンジジュースなど糖分を含む飲み物を飲んでエネルギーを補充しておきましょう。

 

【参考記事】

筋グリコーゲン|e-ヘルスネット|厚生労働省

 

食後4~5時間経ってからしかトレーニングができない場合の対処法

 

食後4時間以上経ってしまうと消化が終わり、空腹状態になり始めてしまいます。食後4時間以上は食前と同じだと思ってください。

やはり軽く何か食べてエネルギーとなる糖質を補充します。食前と同じくバナナやおにぎり、パンがおすすめです。食べる時間がない場合はオレンジジュースなど糖分を含む飲み物を飲みましょう。

 

WPIを50%配合した、より純度の高いプロテイン「ULTORA」

 

筋トレの後にプロテインなどで栄養補給すれば完璧

 

以上、トレーニング「前」の食事について見てきましたが、実は筋トレの「後」にも糖質を補給するとさらに効果を高めることができます。

筋トレ民の皆さんはプロテインを飲んだりして、タンパク質はトレーニング後に摂っているだろうと思います。

今後は糖質の摂取も意識していきましょう。

 

筋トレをすると、エネルギーとしてグリコーゲンが消費されます。消費したグリコーゲンを補給すると、筋肉の分解を抑えることができます。

また疲労回復の効果もあります。

グリコーゲンは糖質の1つでした。筋トレの後は、タンパク質はもちろん糖質も補うようにしましょう。

糖質も含んだプロテインなら、タンパク質・糖質の両方を摂ることができます。

さらに最近の研究では、脂質の摂取が効果的である可能性が指摘されています。しかしまだ充分な研究がなされていません。今後、新しい指針が発見されるかもしれません。

 

RIZIN皇治選手監修の男性向け筋肉サプリ【プラチナマッスル】とは

 

 

トレーニングはエネルギーとなる糖質を補った状態で行うことが大切です。

またトレーニングの後にもタンパク質と糖質を摂ると、筋肉の分解を抑えて筋肥大を促すことができます。

 

自分の生活リズムに合わせて、効果を高まる対策を取りつつトレーニングしていきましょう!

 

【参考記事】

運動後の栄養補給法に関する最近の知見|体力科学65 巻 (2016) 1 号|J-STAGE

 

食事や時間についてはこちらの記事もぜひ参考にお読みください!

 

話題のHMBカルシウムを贅沢に配合したプロテイン【HMBプロテイン18000】

この記事を書いた人