糖質をゼロにして、脂をたっぷり摂る──噂の「断糖高脂質食ダイエット」の驚くべきメソッドとは
  • Hatena
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

糖質をゼロにして、脂をたっぷり摂る──噂の「断糖高脂質食ダイエット」の驚くべきメソッドとは

2020年09月04日

「断糖高脂質食ダイエット」で、なぜ痩せるのか

体脂肪を燃焼させる代謝のエネルギー源を糖質から脂質にシフトさせる「断糖高脂質食ダイエット」。

そのメソッドを紹介した話題のベストセラー『運動ゼロ 空腹ゼロでもみるみる痩せる ガチ速“脂”ダイエット』(扶桑社)の著者、金森重樹氏へのインタビューの第2回です。

 

▼前回の記事はこちら

 

インタビュー

金森重樹(かなもり・しげき)

1970年生まれ。東京大学法学部卒。大学卒業後、フリーター時代に1億円超の借金をつくる。不動産会社に就職後、29歳で行政書士として独立。現在は、不動産、建築、介護事業など年商100億円の企業グループオーナー。監訳した『アメリカの名医が教える内臓脂肪が落ちる究極の食事 高脂質・低糖質食で、みるみる腹が凹む』(SBクリエイティブ)は話題となり、また新刊の『運動ゼロ空腹ゼロでもみるみる痩せる ガチ速“脂”ダイエット』(扶桑社)はamazonのベストセラー1位に。「金森式」と呼ばれる断糖高脂質食ダイエットの普及を通じて、多くのフォロワーから支持されている。

Twitter:金森重樹@ダイエットonlineサロン

 

――金森さんの断糖高脂質食ダイエットですが、具体的にはどういったものを食べるべき、もしくは食べてはいけないのでしょうか

 

金森重樹氏(以下・敬称略):基本は肉、魚、卵、それに牛脂といった脂。調味料は、魚醤、雪塩またはぬちまーす、ビタミンCの粉末。MCTオイル、出来ればグラスフェッドバター、あとは生クリームも積極的に摂ります。飲み物は、珈琲よりも紅茶。紅茶はゼラチンで固めて紅茶ゼリーにしてもいいですね。

 

――牛脂を積極的に摂るというのが、インパクトありますね。

 

金森:いわゆる「PFCバランス」ってありますよね。、健康を維持していくうえで、 主なエネルギー源となる3大栄養素のバランスのことですが、これの理想のバランスが、P(タンパク質):F(脂質):C(炭水化物)が、普通は2:2:6っていうじゃないですか。だけど、断糖高脂質食ダイエットでは、そのP:Fのバランス比を2:8にするんです。Pは必要タンパク質量で徐脂肪体重×1g、残りはF。

 

麦茶やコーヒーに入っている糖質すら避けるべき

 

――「C」の炭水化物はゼロにして、さらに脂質の割合が8ですか!?

 

金森:はい。だから普通の人は最初は断糖高脂質食メニューなんて食べられないですよ。こんなにお腹がいっぱいになって、きついダイエットはないってくらい、食えなくて泣きます。牛脂だけじゃなくて、MCTオイルも摂るし、バターなんて、アイスクリームみたいにカップで100グラムくらい食べますから。

 

――脂質中心でかなり極端な食生活になると思うのですが、味覚が変わったりとかって……。

 

金森:味覚はかなり変わります。なにを食べても美味く感じる。味覚があまりに鋭敏になって、糖の入っているものは、ものすごく甘く感じますね。麦茶なんか、甘くて飲めなくなりましたね。麦って糖じゃないですか。コーヒーだって、ブラックですら甘くて飲めないと感じるようになります。コーヒーは糖質が多く、実は紅茶の7倍の糖質があるので。

 

――ブラックコーヒーが甘い! それってどれくらいの期間で変化を感じましたか?

 

金森:味蕾(※みらい、舌や軟口蓋にある食べ物の味を感じる小さな器官のこと)は10日あると変わります。ただその間に糖を摂ったら、いつまでも変わらないですよ。糖質の依存性は強くて、データでいうとコカインよりも依存性や中毒性がきついんですよ。
ネズミを使った実験でも、コカインと砂糖だと、砂糖のほうがやめられないんです。ネズミに電気ショックを与えてもですよ。糖分を摂取した時に脳内で快楽物質が分泌される「シュガーハイ」があるので。



この記事を書いた人