朝食をバターコーヒーに置き換える「ケトジェニックダイエット」の効果とは【脂肪燃焼しやすい体質に】
  • Hatena
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

朝食をバターコーヒーに置き換える「ケトジェニックダイエット」の効果とは【脂肪燃焼しやすい体質に】

2020年06月17日

脂肪食を取り入れた糖質制限「ケトジェニックダイエット」って?

ケトジェニックダイエットとは、糖質制限に加えて脂肪食を取り入れたダイエットのこと。

食事をした時にまっさきに吸収されてしまう糖質をまず控えることで、エネルギー源を脂肪にシフトチェンジさせ、脂肪を燃焼しやすい体質に改善していくという新しい手法なんです。

普段の生活をしていればそんなに太ることのない人でも、忙しくて運動を怠ったり、家にいるばかりでは体のゆるみが気になってくる方も多いですよね。

 

 

そういった時でも、体質から改善しておくことで余分なものを吸収・貯蔵することなく快適に過ごせることができます。

 

ケトジェニックダイエットの最大のポイントは、脂肪をエネルギーに変える「ケトン体回路(ケントジェニック回路)」の活性化。それを効果的かつ手軽にサポートしてくれるのが本格バターコーヒー「KETOSLIM(ケトスリム)」です。

 

バターコーヒーには脂肪貯蔵の抑制を働きかけてくれる効果も

 

この本格バターコーヒーを飲むと、腸内細菌が刺激されて「酪酸」という短鎖脂肪酸を作り出します。

酪酸は全身に行き渡り、脂質や動物性タンパク質を好む悪玉菌(ウェルシュ菌など)の脂質貯蔵を抑制する効果があるとのこと。

また、酪酸は大腸が正常な働きをするための大切なエネルギー源となり、腸内フローラを整える手助けもしてくれます。

 

おすすめの飲み方は、朝食の置き換え。

朝食の際や、仕事をする前にコーヒーを飲む方は多いはず。その1杯を、この本格バターコーヒー「KETOSLIM」に置き換えてみるという飲み方です。

とろりとしていて濃厚な飲み口なので1杯でも飲み応えがあり、しっかりと空腹を満たしてくれます。

他にも、ついついお菓子をつまんでしまいがちな間食を置き換えたり、深夜に小腹が空いてしまった時の救世主としても大活躍してくれますよ。もちろん、砂糖は使用しておらず低糖質なので罪悪感もありません。

 

ケトスリムのポイント

ケトジェニックダイエットの初心者でも、すぐに明日からでも取り入れることができる本格バターコーヒー「KETOSLIM」は、なにより素材の質の高さが特徴です。

 

「コロンビア」と「グアテマラ」をブレンドしたオーガニックコーヒー

厳選されたコーヒー豆をじっくりと焙煎し、芳醇でマイルドな「コロンビア」とコクのある「グアテマラ」をブレンド。バターコーヒーにぴったりな味わいに仕上げています。

また、コーヒーに含まれるポリフェノールやクロロゲン酸も、ダイエットをサポートしてれる一員です。

 

この「KETOSLIM」には、短鎖脂肪酸(酪酸など)を作る腸内環境をつくるための細菌のエサとなるポリフェノールが、ブドウの約16.6倍含まれています。さらには、抗酸化作用を持ち、脂肪の蓄積も抑制してくれるクロロゲン酸もたっぷり入っていますよ。

 

牧草牛の牛乳から作られた「グラスフェッドバター」

一般的なバターは、太りやすいトウモロコシやデンプンを多く含んだエサを食べて育った「穀物牛」の牛乳から作られています。

それに対して、「KETOSLIM」に含まれているグラスフェットバターは自然の牧草のみを食べて育った牧草牛の牛乳から作られているんです。

 

そのため、穀物牛から作られた一般的なバターと比べると、栄養バランス満点。特に、バターコーヒーに欠かせない不飽和脂肪酸オメガ3は穀物牛のおよそ5倍、ビタミンEはなんと10倍も含まれています。

ダイエット中の食生活で不足しがちな栄養素もしっかり補給できるのがうれしいポイント。

 

ココナツオイル由来のMCTオイル

バターコーヒーに挑戦しようと思った時に、よく耳にするのが「MCTオイル」。

名前だけ聞いてもよくわかりませんが、MCTオイルとはエクストラヴァージンココナツオイルから不純物を取り除いたもののことを言います。

MCTオイルはすみやかに吸収されやすい中鎖脂肪酸で構成されており、すぐにエネルギーとして消費できるのが特徴です。

 

 

これと比較して、一般的な植物油に含まれているのは「長鎖脂肪酸」といい、エネルギーとして必要になるまで体内で貯蔵されてしまいます。

中鎖脂肪酸が多く含まれたMCTオイルなら、貯蔵されることなくすぐに吸収され、エネルギーとして消費されるため、体中の脂肪になることを防ぐことができるため、バターコヒーには欠かせない存在です。これらのダイエットにも最適な素材から作られているので、効果も抜群。

 

また、自分でバターコーヒーを作ろうと思ってレシピどおりに質の良い素材を揃えようとすると、思ったよりもコストがかかってしまうことがあります。

それにバターコーヒーをレシピどおりに配合するにも手間がかかりますから、時間的なコストを抑えるためにもいいかもしれません。

 

バターコーヒーのアレンジいろいろ

バターコーヒーを飲み始めたら、毎日続けて少しずつ体質を変えていくことが大切。とはいえ、毎日飲んでいるとどうしても飽きてしまいますよね。筆者も実は、酵素ドリンクを使ったダイエットで挫折した経験があります。

私のようにダイエット飲料で挫折してしまった経験がある方でも、コーヒーベースのKETOSLIMならさまざまなアレンジが可能なので挑戦しやすいはずです。

たまには気分に合わせた味変をして、楽しく続けていきましょう。

 

バター紅茶

 

【材料】

・KETOSLIM スプーン1杯

・紅茶 1杯

 

【作り方】

1:スプーン1杯のKETOSLIMを入れたカップに、紅茶の半量を注ぐ

2:粉が残らないようによくかき混ぜる

3:もう半量の紅茶を注いで軽く混ぜたら完成

 

ハニーミルクソイラテ

 

【材料】

・KETOSLIM スプーン1杯

・豆乳 コップ1杯

・はちみつ 適量

 

【作り方】

1:グラスにKETOSLIMと、冷えた豆乳を入れてよくかき混ぜる

2:お好みではちみつを垂らして完成

 

ちなみに、はちみつを「チョコソース」に変えるとアイスカフェモカになります。毎日がんばっているご褒美におすすめな1杯です。

 

 

おいしいKETOSLIMで、ケントジェニックダイエットを楽しみながら続けていきましょう。

 

【商品情報】ダイエットサポート食品 KETOSLIM(ケトスリム)

容量:150g(約2週間分)、価格:7,200円(税別)

販売:KETOSLIM(ケトスリム)商品ページ

この記事を書いた人