「バランスのいい食生活」こそ肥満の原因に?糖質を摂らない方がいい理由を「ガチ速“脂”ダイエット」著者に聞いた【金森式】
  • Hatena
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

「バランスのいい食生活」こそ肥満の原因に?糖質を摂らない方がいい理由を「ガチ速“脂”ダイエット」著者に聞いた【金森式】

2020年09月10日

断糖高脂質食ダイエットは本当に革命的な食事法なのか

170センチ・90キロあった体重を、わずか2ヵ月で58キロまで減量することに成功した金森重樹氏。

断糖高脂質食によって、体脂肪を燃焼させる代謝のエネルギー源を、糖質から脂質にシフトさせる「脂ダイエット」メソッドは#金森式と呼ばれ、twitterでは12万超のフォロワーも存在します。

「ダイエット界に革命を起こした」とも言われる話題のダイエット本の著者へのインタビュー、最終回の第3回です。

 

▼第1回はこちら

 

▼第2回はこちら

 

インタビュー

金森重樹(かなもり・しげき)

1970年生まれ。東京大学法学部卒。大学卒業後、フリーター時代に1億円超の借金をつくる。不動産会社に就職後、29歳で行政書士として独立。現在は、不動産、建築、介護事業など年商100億円の企業グループオーナー。監訳した『アメリカの名医が教える内臓脂肪が落ちる究極の食事 高脂質・低糖質食で、みるみる腹が凹む』(SBクリエイティブ)は話題となり、また新刊の『運動ゼロ空腹ゼロでもみるみる痩せる ガチ速“脂”ダイエット』(扶桑社)はamazonのベストセラー1位に。「金森式」と呼ばれる断糖高脂質食ダイエットの普及を通じて、多くのフォロワーから支持されている。

Twitter:金森重樹@ダイエットonlineサロン

 

――第1回、第2回とお話を聞いて、すごく極端……というと語弊があると思うのですが、始めるのには、正直少しハードルの高いダイエットだと思いました。なんと言っても、ご飯やパスタなど、糖質の誘惑を一切断つという点に、心理的抵抗を感じる方も多いかと思います。また一方で、金森さんのツイッターアカウントには12万人超のフォロワーがいらっしゃるわけですが、皆さん、成果をあげていらっしゃるのでしょうか。

 

金森重樹氏(以下金森):僕の場合は2ヵ月で90kgから58kgまで激減しましたし、『運動ゼロ空腹ゼロでもみるみる痩せる ガチ速“脂”ダイエット』担当編集者の40代男性は4ヵ月で17kg減。ライターの30代女性は6ヵ月で10kg減。ツイッターのフォロワーさんもみな、それぞれ結果を出しています。

 

 

――全員が10キロ以上減量って、だいぶすごいお話ですが、それくらい「断糖高脂質食ダイエット」は達成しやすいということでしょうか。

 

金森:断糖高脂質食ダイエットで、少し大変なのは、脂を大量に摂るのがしんどいってことです。っていうのも、何十年も米や糖質を食べちゃった人は、胃が糖化しちゃってるんですよ。それを治すためには、まず胃はタンパク質で修復しないといけないから、肉や卵、魚でタンパク質を補充するんです。

 

――タンパク質中心の食事にする。

 

金森:それで脂を摂れるくらいの体質になったら、脂質代謝はビタミンB2が必要なので、ビタミンB2のサプリメントを飲みまくりながら脂をこなせるカラダにつくりかえていくんです。その途中で糖を摂っちゃったら、ダメ。
脂肪酸をβ酸化でエネルギーにするには、「インスリンが出ない」ってことが前提なんですよ。インスリンは脂肪酸を分解してケトン体が出るのを邪魔するので。その観点からも、完全断糖をするのは当たり前なんです。そうじゃないと、僕らのカラダの中のミトコンドリアは体脂肪を分解して脂肪を燃焼させる方向には働かない。

 

――まずはインスリンが出ないような食生活にすると。

 

金森:これがちゃんと出来れば「蓄えている脂肪を分解してエネルギーに変える」ように体がシフトしていきます。このとき血液中に放出されるのが、「ケトン体」と呼ばれる物質です。
自分でケトンメーターでケトン体を計測してみるとわかるのですが、断糖している場合には9.95mmol/Lっていう上限いっぱいの数値なんです。でも、一回糖を摂ってしまったら、3日、人によっては1週間ほどケトン体が出ない状態になってしまう。

 

――糖質を避けて、ケトン体が出やすい体質にすることが大事なんですね。

 

金森:だから断糖の徹底もさることながら、脂を摂るっていうことと、サプリを完璧に揃えることが大事。必要なビタミン、ミネラルがひとつでも欠けたらTCA回路と電子伝達系での代謝が止まってしまい、中間代謝物でまた太っちゃう。

 

あなたの家がジムになる【BosyBoss2.0】

 

この記事を書いた人