低脂質&高タンパク。ダイエッターと筋トレ民のための「トマトささみバーガー」【1週間ささみチャレンジレシピ】
  • Hatena
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

低脂質&高タンパク。ダイエッターと筋トレ民のための「トマトささみバーガー」【1週間ささみチャレンジレシピ】

2020年06月02日

ひたすら1週間「ささみ」をメインおかずにするレシピ・5日め

こんにちは。筋トレ栄養士のカトジュンです。

ささみ、ささみ、ささみ〜♫ ささみを食べると〜 カラダ、カラダ、カラダ〜カラダが強くなる〜♪

そんな風につい口ずさんでしまう毎日。え? どこかで聞いたことがメロディーだって? それは大胸筋の奥に閉まっておきましょう。

 

▲突然ですが筋肉栄養士・カトジュンです。歌いながら腹筋を鍛えてます

 

さて、この「ささみチャレンジ」も5日目に突入しました。そろそろ終盤に入っていきます。ささみとの信頼関係もだいぶ密になってきました。ささみのことならもう、なんでもカトジュンに任せてください。そう言いたくなりますね。

 

今日はどんなささみ料理にしようかな? と、ささみと相性の良い食材や、味付けのマッチングを考える日々。

三度の飯よりささみのことを考えている時、少し気が緩み、あろうことかハンバーガーのことを考えてしまいました。

すぐに気を取り戻し、ささみのことを考え直してみても、やはりハンバーガーのあの姿が頭から離れない。

 

あ、そうか。それならハンバーガーを食べてしまえばいいんだ。

 

というわけで、今回はささみを使ってヘルシーなハンバーガーを考案しました。

だけど、いくらお肉をささみにしたからといっても、糖質が気になるし……という方もご安心ください。糖質はほとんど含まれません。ではその全貌をご紹介します。

ズバリ、「トマトささみバーガー」です!

 

「トマトささみバーガー」のつくりかた

パンのかわりにトマトを使い、お肉はささみを使います。

大葉を間に挟み、風味と彩りもアップ。超シンプルで、簡単かつおしゃれ。パーティー料理のアラカルトにも使えそうな一品です。料理が苦手な人でも作れ、なおかつお洒落なので、好感度アップ、モテ料理間違いなしです。では作り方と材料をみていきましょう。

【材料】(1人分)

・トマト 1個

・大葉 3〜4枚

・ささみ 80g

・塩少々

・オリーブオイル 小さじ1

・白だし 小さじ1

・イタリアンパセリ 少々

 

【作り方】

1. ささみを茹でる

 

2. ささみを細かく切る

 

3. トマトを輪切りスライスする

 

4. 大葉のヘタを切る

 

5. ささみ、塩、オリーブオイル、白だし、パセリを混ぜ合わせる

 

6. トマトの表面に少量塩を振り、大葉、ささみ、トマトの順番でのせていく

 

ほら。ものの数分で完成してしまいます。

もちろん本物のハンバーガーにはほど遠いですが、このトマトささみバーガーならいくら食べても大丈夫。

太るどころか、健康になりつつ筋肉量が上がるかもしれません。トマトは少し厚めに切ると掴みやすく、ハンバーガーらしさが出るのでオススメです。

これから季節野菜のトマト。冷やして食べるとより美味しくなります。

 

まさに最強のヘルシーバーガー

パンを使わずトマトを使うので、糖質カット。

お肉はもちろんささみなので低脂質で高タンパク。カロリーも低く、トマトはビタミン豊富で栄養満点。まさに最強のヘルシーバーガーと言えるでしょう。

トマトに含まれる各種ビタミンやリコピンは、非常に抗酸化作用が強く、肌にもとても良いとされています。

また大葉もビタミンやミネラルはトップクラス。これから迫ってくる暑い夏に向け、このささみトマトバーガーをたくさん食べて免疫力をつけましょう。

ささみはあなたの体と心を豊かにします! ささみチャレンジ、まだまだ続きますよ〜。

この記事を書いた人