糖質制限・筋トレ民のためのタンパク質たっぷりささみレシピ「ささみとキムチのもずく和え」
  • Hatena
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

糖質制限・筋トレ民のためのタンパク質たっぷりささみレシピ「ささみとキムチのもずく和え」

2020年05月25日

ひたすら1週間ささみレシピにチャレンジ・3日め

こんにちは。ささみ大好き、筋肉栄養士のカトジュンです。
「毎日食べていると飽きる」なんて言われているささみも、いろいろな食材と組み合わせることで、美味しくなることがわかりましたね。

すぐネタ切れするんじゃないの? と思ったあなた。ネタはまだあります。ご安心ください。ささみチャレンジは、まだまだ続きます。
ここまで比較的簡単に作れるメニューを紹介してきました。もちろん今回も簡単に作れるメニューをご紹介します。ズボラなあなたでも大丈夫です。レッツ、ささみチャレンジ!

 

ささみとキムチのもずく和え

 

今回ご紹介するのは、ささみとキムチのもずく和えです。

その名のとおり、ささみとキムチともずくが融合しています。

淡白なささみともずくでさっぱりした味付けなのに、ピリッと辛いキムチが、食欲をそそるメニュー。食卓のメインとまではいかないけど、しっかりとタンパク質も摂れるおつまみメニューです。まさに食卓の名脇役といったところでしょうか。
ささみは使い方次第で、主菜のメインにも副菜にもなることが出来る万能食材なのです。

今回は手間を省くため、キムチともずくはすでに味付けされたものをスーパー等で購入します。

では、作り方を一緒にみていきましょう。

 

材料と作り方

【材料】(1人分)

・キムチ 50g

・もずく 60g

・ささみ 70g

・塩 少々

・刻み海苔 適量

 

作り方

 

1 ささみを茹でて、細かく刻み、塩をふり、少し揉む

2 ささみ、キムチ、もずくを混ぜ合わせる

3 刻み海苔を上から散らす

 

30秒もあれば出来てしまう

これで、終わりです。たったこれだけです。

ささみを茹でて刻む時間を除いたら、30秒もあれば出来てしまいます。

ささみは加熱後でも冷凍保存可能なので、加熱して刻んで冷凍保存しておけば、すぐ使え、大変便利です。

加熱後冷凍保存の場合、3〜4週間以内に食べきるようにしましょう。期間に限らず早めに食べた方が鮮度はよく、美味しいです。

加熱したささみを解凍して食べる場合、前日に冷凍庫から冷蔵庫に移し、自然解凍がオススメです。常温での保存は傷みやすいため、避けて下さい。また、電子レンジでの加熱も、火の通り具合にムラが出来たり、パサつきやすくなるのでオススメ出来ません。

 

 

もずくは味付けされたものを購入しましたが、無添加のもずくでも良いです。

自分好みの味付けをしたい方、糖質や塩分、添加物が気になるよりストイックな方は、無添加を選びましょう。

今回はお肉のタンパク質はもちろん、発酵食品、海藻類といった非常にヘルシーな組み合わせです。一つひとつの食材でも栄養はありますが、組み合わせることで、よりパワーを発揮します。

キムチは熱を加えず、今回のようにそのまま食べるのがオススメです。乳酸菌は熱に弱く、一般的に60℃を越えると死んでしまうためです。乳酸菌には腸内環境を整える作用があり、また、もずくも腸内環境を整えてくれます。

キムチ、もずくともに、ビタミン・ミネラルを豊富に含んでおり、健康だけでなく、美容にも大変良いです。

簡単に出来て、美容や健康にも優れた一品。トレーニーやダイエット中の方に限らず、子供からお年寄りまで、幅広い方に食べてもらいたいです。

この記事を書いた人